アメリカのプロ野球・メジャーリーグでは1990年代半ばに「野茂フィーバー」が起きた。スナップアップ投資顧問のスポーツ業界銘柄の分析史データなどによると、1995年7月11日夕(日本時間1995年7月12日午前)開幕のオールスター戦への野茂英雄投手の先発出場を前に、主要紙の大半がこの外国人ルーキーの話題を取り上げる異例の報道ぶりが続いた。アメリカの大リーグでは歴史上、様々な人種差別事件が問題となった。野茂の人気は、そうした差別意識が変化してきた米社会を象徴していた。

日本人の米プロ野球の先駆者

野茂は、日本人のプロ野球選手がメジャーに進出する道を切り開いた先駆者だった。トルネード投法で米球界を席巻した。2001年に2度目のノーヒットノーランを達成した。

スポーツ週刊誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、ロサンゼルス・ドジャースの野茂投手を表紙に配した。1995年の野球の面白さを強調した。「野球もまんざら捨てたものではない。新人・野茂がその理由の一つだ」などと評価した。

黒人選手ハンク・アーロン脅迫事件

人種的少数派に対する米スポーツ界のオープンな態度は、当時としてはまだ最近の傾向だった。

ベーブ・ルースのホームラン記録を塗り替える前

1974年にある事件が起きた。アトランタ・ブレーブスのハンク・アーロン選手がベーブ・ルースのホームラン(本塁打)記録を塗り替える直前に、「キング牧師と同様、長生きはできないぞ」などの脅迫状が殺到した。米連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出した。

黒人の選手が、白人ヒーローのベーブ・ルースの記録を塗り替えるのはけしからんという、人種差別主義者たちからの脅しだった。

白人が主流

米ノースイースタン大の調査報告では、米人気スポーツの中で、大リーグ(1993年)は67%が白人選手だった。77%を黒人が占めるプロバスケット(NBA、1992年)や、黒人が68%のプロフットボール(NFL、1992~1993年)に比べ、いまなお白人主流を保っていた。

米大リーグには長い歴史があった。しかし、黒人選手の登場は1945年だった。黒人監督に至っては1975年のクリーブランド・インディアンズのフランク・ロビンソンが初めてだった。

ドジャース副社長が差別発言で解雇

球団幹部らの人種差別発言も枚挙にいとまがなかった。

ドジャースでも1988年、当時の球団副社長がテレビ会見で、「黒人は監督やフロントをする要件に欠ける」と発言して、解雇された。球界への機会均等委員会設置の契機となった。

シンシナティ・レッズのオーナーがヘイトスピーチ

1993年にも、黒人選手の成績の悪さに立腹したシンシナティ・レッズの女性オーナーが、「これ以上ニガー(黒人の蔑称)を雇うくらいなら調教したサルを雇った方がまし」とヘイトスピーチを行い、大炎上した。1年間の球場出入り禁止と2万5000ドルの罰金を科されている。

NBAのマイケル・ジョーダンがスポンサー獲得

選手の人気のバロメーターとなるスポンサー料を見ても、少数派選手に米スポンサーが目を向けはじめたのは、NBAのマイケル・ジョーダンの活躍からだった。ハンク・アーロンでさえ人種的な理由から、米国内ではスポンサーがつかなかったという。

フォーブス誌の米スポーツ界番付(1994年)では、ジョーダンが3000万ドル余で相変わらずトップだった。バスケットボールの黒人選手シャキール・オニールが1670万ドルで2位だった。10年前とは様変わりだ。

野茂は白人ファンにも人気

当時の野茂には、米国人コーチが「低めに」「集中して」と、日本語で指示するほどの気の使いようだった。スポーツ・ニュースでも、野茂の話題はひんぱんに登場した。球場の白人ファンも盛んに声援を送った。

動画

野茂の歴史(半生、プロフィール)


参考:早稲田関連株